MHF

MHCPは、ランドスケープデザインスタジオEARTHSCAPEが立ち上げたプロジェクトです。EARTHSCAPEは、MHCPをはじめとする環境活動を運営する母体として、ハーブマンアソシエーション(Herbman Association、略称 HMA)を設立しました。MHCPの収益は、HMAの管理するハーブマン基金(HMF)となり、ハーブマンの次の旅の資金として、また、EARTHSCAPE/HMAが行う子どもたちのための活動及び地球を健康に導くその他の活動に使用します。

MHCP is a project launched by the landscape design studio EARTHSCAPE. EARTHSCAPE founded Herbman Association(HMA) for their social and environmental activities. Proceeds from MHCP go to the Herbman Fund (HMF) on HMA, and are used to fund Herbman’s next trip, with any remaining proceeds used for activities to benefit children such as building playgrounds, as well as other activities to bring good health to the world. 

SUSTAINABLE PROGRAM

パキスタン03.jpg

PAKISTAN

場所:「コミュニティースクールシャニガル」 パキスタン北西辺境州チトラル県ドローシュ/クライアント:日本パキスタン協会「MIHOKO’S FUND」/コーディネーター:丸山純、丸山令子(日本パキスタン協会)/制作:団塚栄喜、熊谷玄、今井みろり/協力:コミュニティースクールシャニガル/素材:流木、古タイヤ、ロープ

NEPAL

場所:チャイマリ小学校 ネパールカトマンズ/クライアント:飯田進/コーディネーター:ヒマラヤ観光 宮原魏/製作:団塚栄喜、熊谷玄、今井みろり/協力: ヒマラヤ観光現地スタッフ チャイマリ小学校父母/素材:材木、古タイヤ、ロープ、レンガ

THAILAND

場所:Ban pumsarol School タイ クライアント:MHCP/MEKONG ORGANIZATION FOR MANKIND コーディネーター:森田徳忠、 MEKONG ORGANIZATION FOR MANKIND 製作:団塚栄喜、熊谷玄、永森しきの、荒木宗一郎、荻原武彦、赤松裕次郎、清原和哉、諸熊亮 協力: JHADS, MEKONG ORGANIZATION FOR MANKIND, Ban pumsarol Schoolの先生たち、 Ban pumsarol Schoolの父母たち 素材:材木、古タイヤ、ロープ

MHCPを立ち上げたアースケイプでは、2001年、パキスタンとアフガニスタン国境付近の村、ドローシュで、子供たちの生活環境や遊び環境の向上を目的としたプレイグラウンド制作のボランティに参加する機会がありました。彼らにとって極当たり前な毎日は、しかしながら、安全とは言い難い切迫した社会情勢と貧困と常に隣合せの壮絶なものです。加えて、奇しくも9.11(米国同時多発テロ)と時を同じくした特殊な状況下での作業は、私たちに社会活動を強く再認識させるきっかけになりました。厳しい社会背景の一方、自然と隣合せの彼らの暮らしは同様に印象的で、そのあり方はハーブマンのアイデアに大きな影響を与えています。ランドスケープという私たちのベースから、なにかを創ることで人と自然を繋げながら、彼らに還っていくような活動が出来ないか。そんな持続可能なプログラムを考えた時、ハーブマンと名付けられた人型の畑と、併設されたカフェ、その収益でプレイグラウンドを制作するという一連のプログラムである、メディカルハーブマンカフェプロジェクトの構想が生まれました。人と自然の距離を伝えるハーブマン。ハーブマンは緑、自然の象徴であり、その命を採り入れることで、私たちは、今日も健やかに生きています。人と自然のあり方、そしてそれら自身を、もう一度、健康な状態に戻していく。MHCPの収益は、ハーブマンの次の旅の資金となり、プレイグラウンド制作をはじめとした子どもたちのための活動だけでなく、地球を健康に導く活動にも使用します。その当時、私たちが実感を持ってアクセスできた初めての、そして唯一の社会貢献活動はプレイグラウンド制作でしたが、ランドスケープデザインというフィールドをもとに、現在は、もっと様々な社会/環境活動を行うことに構想は広がっています。

Earthscape, the studio that launched MHCP, had the opportunity in 2001 to participate in a volunteer project to construct playgrounds in the Pakistani town of Drosh, near the Afghanistan border. The project aimed to improve living conditions and provide playing space for children. While working on the project, we observed how the children faced tense social conditions, the threat of violence, and abject poverty on a daily basis. The strange fortune to be working during 9/11 also reemphasized the importance of humanitarian work for our team.Equally impressive to the harshness of their social surroundings was how close the children lived to nature. This relationship played a large role in Herbman’s conceptual development. We wondered would it be possible to use our base in landscaping to build something that would give back to these children, while also connecting people and nature? Thinking about a sustainable program from this perspective is what led to the birth of the Medical Herbman Cafe Project—a series of programs comprised of building the Herbman field, operating an adjoined cafe, and using the proceeds to build playgrounds.Herbman educates visitors about the distance between humans and nature. Herbman is a symbol of the nature and plants that we consume on a daily basis to stay healthy. The project seeks to rethink the relationship between humans and nature, making it a healthy one once again. Proceeds from MHCP are used to fund Herbman’s next trip, with any remaining proceeds used for activities to benefit children such as building playgrounds, as well as other activities to bring good health to the world. While building playgrounds was originally the only legitimate social work we had access to, we are currently expanding our program to a wider variety of social and environmental activities.